積み木の家

違いを理解する

男の人

リノベーション物件とリフォームの違い

リノベーション物件とは、よく言われていることですがリフォームとリノベーションの違いはどんな所にあるのか分かりづらい部分があります。リフォームは本来の意味は、新築の時の状態には戻す、古くなった建材や施設を新しい状態に元に戻すことを言います。例えばマンションの大規模修繕と同じように買った時の状態に戻すことを言います。逆にリノベーション物件は買った時とは異なり大幅に変更する状態を言います。マンションで言う大規模模様替えのことを言います。もっと簡単に言うとリフォームは買った時の状態に戻す修繕のことで、リノベーションは新たに新しい機能を追加したり、全く違う間取りや違うイメージの部屋に変更してしまうことを言います。

今後のリノベーションの考え方

例えば排水管などの表面に出ない部分を変更する場合はリノベーション物件といいます。部屋の間取りは今までののままで使用している建材設備を新しく変えるだけで機能や用途を変えない場合はリフォームであり、家族構成も今の少世帯の部屋に変えたいと思う人がいるのは当たり前で、予算との兼ね合いがありますが、当然現在のライフスタイルに合わした住宅に変更したいと思う人は多いはずです。何回も家に手を加えることはできませんので、価格に左右されるとは思いますが現在の生活のリズムに合した住宅に変更することができれば新たに新築をするのではなく、リノベーションの技術も今後急速に進化していくはずです。リフォームの時代からリノベーション物件の時代に主流が変わって行くと考えられます。