室内

中古市場を活性化

パソコンと積み木

近年不動産業界で盛り上がりを見せているのが中古不動産の市場です。特にリノベーション物件は注目されており、新築同様に綺麗な仕上がりでありながら安い価格で提供されていることもの人気の1つとなっています。

Read More...

違いを理解する

男の人

リフォーム物件とリノベーション物件は混同されがちな部分がありますが、根本的に修繕や工事の意図が違います。今後も中古物件を利用したリノベーションやリフォームは盛んに行われていくことが予想されます。

Read More...

物件の価値を上げる

マンション

リノベーション物件を購入した場合

最近ではリノベーションを有効活用した賃貸物件は増えてきており、例えば中古ワンルームマンションを購入して賃貸でリノベーション物件として貸し出したら空室が減少したという例があります。中古ワンルームマンションは、空室が多いことが多く、元のオーナーもそのまま不動産経営を続けていれば赤字になってしまう(すでに赤字)場合がありますが、その場合に手放すことが多いようです。もちろんある程度その土地が値上がりをしたから売却をするということもありますが、今の時代には一部の土地を除いてそこまでの地価上昇は見込めませんので、たいていはワンルームマンションを中古で購入する場合何らかの手直しをしなければなりません。

リノベーションする場合

ワンルームマンションを購入してそのマンションの空室を減らすためにはその物件の価値を上げる必要があります。物件の価値を上げるにはその物件をリノベーションするという方法があります。そこで出来上がったのがリノベーション物件ですが、リノベーション物件もその価値は様々でリノベーションをしたからと言って必ず価値があがるとは限りませんのでその点は賭けになるところです。最近流行りのワンルムーマンションをリノベーション物件にして空室をなくした例はいろいろありますが、その中でもソーシャルアパートメントにすることで空室をなくすことに成功している例もあります。ソーシャルアパートメント自体は基本的にはワンルームですが、共有部分に水回りが集中しており、リノベーションの費用も安く済むのです。

相場より安い

インテリア

リノベーション物件は、内装や外観のデザイン性が高い割に、新築ではないことから、家賃も相場より安く設定されて貸し出されています。利用価値の高いリノベーション物件に住むことのメリットは多いといえます。

Read More...